はりうすブログ (のすけのメモ)

はりうす代表 ”のすけ”のブログです

WSLにRails6環境を構築する方法メモ

Rails6
Rails6

Macでは難なく入ったのですが、、、WindowsのWSLではちょっとてこずったので、現状行ける方法をメモしておきます

【前提】

あらかじめWSLのubuntuが入っているものとします。ない場合はMicrosoftStoreからインスト―ル
Ruby: 2.6.3
Rails: 6.0.2.2
Windows10のWSLを使っていきます

# VSCodeをインストール

VSCodeのリモートがとても便利なので入れていきます。
サイトに行ってダウンロードしてきます
Visual Studio Code – コード エディター | Microsoft Azure

Remote-WSLのプラグインをインストール
起動後に左下の緑の「><」マークからWSLへRemote接続します
接続できたら上のメニューのTerminalからNewTarminalします。

# 準備 これから使うライブラリを入れておきます

> sudo apt-get update
> sudo apt-get install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm5 libgdbm-dev

# Node.js(最新安定版)のインストール(既に入っている人は不要)

Rails6からはwebpackを利用するためにNode.jsを利用するようになったため
Node.jsもあらかじめ入れておきす

まず普通にインストール

> sudo apt install -y nodejs npm

次にnで入れる

> sudo npm install n -g
> sudo n stable

古いものを削除

> sudo apt purge -y nodejs npm
> exec $SHELL -l

入ったか確認

> node -v

# Rubyバージョン管理システムであるrbenvを入れる

> cd ~/
> git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git .rbenv
> git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git .rbenv/plugins/ruby-build
> echo 'export PATH=~/.rbenv/bin:$PATH' >> ~/.bashrc
> echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc
> source .bashrc

# ここからRuby(2.6.3)インストール

> rbenv install 2.6.3
> rbenv local 2.6.3
> ruby -v

使いたいバージョンをローカル登録
.ruby-versionという隠しファイルができます
(そのディレクトリ以下では指定したバージョンのrubyになります)

失敗する場合
aptからrbenvを入れていると古いので2.6系がありません。
git cloneで入れてても失敗している場合はrbenv initあたりが失敗してます。

# sqlite3のインストール(既に入っている人は不要)

> sudo apt install sqlite3
> sqlite3

コマンドリストが表示されればインストール完了

Rails環境を構築する上でsqlite3系の問題はかなり多くて
ネット上に多々解決法が出てますが
突破できず。結局、Ruby2.6.3だとエラーにならないのでオススメ。

# Railsのインストール

> gem install rails
> rails -v

Rails 6.0.2.2

Railsの6.0.2.2がインストールされました。
次にbundlerを入れたいところですがRuby2.6からはbundlerがすでにRuby本体に
入っているためインストールは不要です。

# プロジェクトの作成

> rails new hello_rails

# yarnを入れましょうとでるので入れていきます

> sudo apt install yarn
> cd hello_rails
> yarn

もしyarnと入力して「ERROR: There are no scenarios; must have at least one.」みたいな
エラーを吐いたらyarnを入れなおします(aptのyarnが古いようです)

> sudo apt remove yarn

apt-getのパッケージ情報を更新

> curl -sS https://dl.yarnpkg.com/debian/pubkey.gpg | sudo apt-key add -
> echo "deb https://dl.yarnpkg.com/debian/ stable main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/yarn.list
> sudo apt-get update 

yarnを入れ直します

> sudo apt-get install yarn

マジで長いですね。もう一息です

# webpackerを入れます
これを入れないとrails6は起動しません

rails webpacker:install

# プロジェクトを起動!!

> yarn install
> rails s

rails serverもしくはrails sで起動できます。

localhost:3000をブラウザで開いたら・・・

f:id:hollywis:20200327111955j:plain


いぇええあ!!


ここまでたどり着くのに数々のエラーに逢いました
sqlite3がどうたら、pumaどうたらなど。
コツとしてはMacでうまく動いたRuby2.6.3を入れたことでしょうか。
あんまり最新のRubyを入れるとgemのメンテが追い付いていないのか起動しないことがあります。
あと、何も考えずにaptからインストールすると結構古いことが多く、エラーになること多数なので
本記事のようにところどころapt-get使ったり(apt-getも結構古い)、git pullで持ってきたりが大事です。


それにしてもVScodeとWSLのコラボレーションは本当に便利。
macもいいけどWindowsも中々ですね

あとこの本↓↓↓いい感じです。rails6について纏まっていて